自然素材と間取りと収納井上建築デザインのブログ(岩手県一関市)

ケヤキが家づくりから消えた日

2016.04.01

こんにちは!

一関で自然素材を取り入れた
気持ちのいい「自然素材の家」をつくっています。

「住み続ける家」  ~未来の子供たちにできること~
株式会社井上建築デザイン 代表の井上です。

住宅の性能がよくなりすぎて、使われなくなったんです。

ケヤキ
(イメージ写真)

15年くらい前まではよく使われていたんですが、
最近ではほとんど使われることは無くなりました。

良い材が少なくなったということもあるのでしょうが、
住宅の断熱性と気密性が良くなり過ぎたのが一番の原因ではないかと思っています。

なぜ住宅の気密性と断熱性が原因かというと、
屋外にくらべて家の中は乾燥気味になるんですが、
無垢の木は乾燥気味になると割れや曲り、反りなどがでてきます。

ケヤキは“強い木”なので大黒柱によく使われていました。

“強い木”とは力強く育った木なので割れや曲り、
反りもまわりの材料に影響を与えるほど力強くでてきます。

建具が開かなくなるなんてことは当たり前で、
壁が割れたりすることもあります。

断熱や気密の性能に悪影響を与えることも考えなければなりません。

ケヤキ1
床の間に使われる“玉入りのエビ束”

杢目がきれいなので玄関や床の間などに魅せる用にも使われていたんですね。

細工に適したケヤキはマグロでいえば大トロの部位にあたります。

柱や構造材のような大きな材料を使わなくなったということは、
他の材料も出材されないので、
こういった意匠的な使われ方もみられなくなりました。

大黒柱
目通り八寸 樹齢約60年生

奈良県吉野杉の磨き丸太を大黒柱に使っています。

元と末の太さがほとんど変わらない良材です。

やはり割れや曲り、反りは出てきますが、
周りへ影響を及ぼすような材料ではありませんので採用しました。

丸太に存在感を持たせるために目通り8寸あります。

自然と子供も大人も抱きつきたくなる存在感です。

「住み続ける家」  ~未来の子供たちにできること~
株式会社井上建築デザイン

整理収納アドバイザーの女性スタッフと共に収納や快適な間取りを全面サポート!

我が社はフランチャイズでも、
ハウスメーカーでもないので、
立派なカタログや展示場はありません。

OBのお客様のご好意でご案内させていただいてます。
整理収納アドバイザーのお住まいもご案内できます。

facebook

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、
整理収納に興味のある方、お問合せ・相談ください。

「自然素材の家」を建てるためのメールセミナーも受付中。

お問合せ・相談
お問い合わせはこちら

資料請求
無料の資料請求はこちら
限られた経費の中で運営しておりますので、施工地域外の方からの請求はお断りしておりました。
facebook

少人数でやっていますので、電話や訪問などの営業はしておりません。
お手数ですがお問合せください。

施工地域は、岩手県一関近郊です。
(岩手県一関市、平泉町、奥州市、宮城県栗原市、登米市、気仙沼市)

関連記事

プロフィール

一関市で自然素材の家 づくりNo.1を目指す 株式会社井上建築デザ イン の代表の井上和行が書いているブログです。自然素材を取り入れた気持ちがいい家づくりが大好きな地域密着の建築会社です。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031