» 避難のブログ記事

耐震改修する本当の理由とは

投稿日:2016年10月21日 作成者:

 

「カミさん助けてもらった!」

3.11 東日本大震災の2週間ほど前に耐震改修工事を終えたばかりの旦那さんの一言。

住宅の基礎が大きく割れたにも関わらず、
家自体は耐震改修のおかげで倒壊を免れました。

残念ながら、基礎が大きく割れたので全壊扱いとなって住めなくなったんですが、
あれほどの大地震でも命を守ることができたことに感謝されたそうです。

 

建築基準法は命を守る基準です。

 

街並み
こんにちは!

一関で整理収納アドバイザーと使いやすい家、
自然素材を取り入れた気持ちいい家つくっています。

株式会社井上建築デザイン
代表の井上です。

地震が来ても、避難するまで耐えてくれる家

大切な人を守れる備えしておきませんか?

一関市は大きな地震を経験している地域なので、
岩手県建築士会一関支部では市と協力して
耐震診断、耐震改修相談、耐震改修をおすすめしています。

建物を現在の厳しい基準に合わせることを耐震改修といいます。

昭和56年5月31日が分かれ目

日本中で数多くの地震を経験しながら法律も改正されてきました。
昭和56年以前の基準と現在の基準では強さが10倍違うこともあるんですね。

法律の基準がいま建っている建物の基準を上回った建築物を「既存不適格建築物」といいます。
「法律違反ではないけども、現在の基準に合ってはいないですよ。」という意味です。

国の指導のもと、一関市では当時の建物を現在の基準に合わせるための改修工事をすすめています。
国、県、市の補助金もありますので、一関市役所の都市計画課までご相談ください。

一関市役所 都市計画課 0191-21-2111

建築士会から耐震診断士が派遣されます。

 

 

家族

 

『家族が幸せになる家』それが『本当に価値のある家』 

我が社では、無垢材で家を建てています。
さあ、満足のいく家を建てましょう。

お問合せ・相談先 http://arigatou-inoue.com/inquiry/

電話の方 0191-48-5118

人に優しい、「自然素材の家」は「理想の家」
安全住宅・安心不動産
株式会社井上建築デザイン


公式HP 
http://arigatou-inoue.com/

耐震設計

「自然素材の家」を建てるための
メールセミナーhttp://arigatou-inoue.com/seminer/も受付中。

お問合せ・相談

facebook もチェックしてみてください。

岩手県一関市 お片づけのプロ整理収納アドバイザー姉妹のブログ☆
岩手県一関市在住の整理収納アドバイザー、ルームスタイリストの姉妹のブログです。
☆整理収納でキラキラ輝く心地よく快適な暮らしをしましょう\(^o^)/

 


我が社はフランチャイズでも、
ハウスメーカーでもないので、
カタログや展示場にお金を掛けていません。

OBのお客様のご好意でご案内させていただいてます。
整理収納アドバイザーのお住まいもご案内できます。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、
整理収納に興味のある方、お問合せ・相談ください。

少人数でやっていますので、
電話や訪問などの営業はしておりません。
お手数ですがお問合せください。
http://arigatou-inoue.com/inquiry/

電話の方 0191-48-5118

施工地域は、岩手県一関近郊です。
(岩手県一関市、平泉町、奥州市、宮城県栗原市、登米市、気仙沼市)

カテゴリー: 耐震改修 既存不適格 守る | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 耐震改修する本当の理由とは はコメントを受け付けていません。

専門家に耐震診断してもらう

投稿日:2016年04月17日 作成者:

一関で自然素材を取り入れた
気持ちのいい「自然素材の家」をつくっています。

「住み続ける家」  ~未来の子供たちにできること~
株式会社井上建築デザインの井上です。

建築基準法は地震の際は生命を守るために避難するまで倒壊しない基準です。

図34
嫁が、

「大きな地震が何回あっても、家って住めるもんなの?」

「いい質問です。」

「地震に耐える」と書いて耐震といいます。

生命の安全と財産を守るために建築基準法には耐震の基準があって、
それは地震時に無事に避難できるまで倒壊しないように、地震に耐える基準なんです。

 

なので、

「震度6強の地震を何回まで耐えられるんですか?」

との問いの回答は

「建物を診てみないとわかりません。」

となります。

 

備え1
 

地震の種類によっても違いますね。
直下型なら縦に揺れます。
プレート型なら横揺れになります。
さらに周期といわれる地震の性質によっても建物への影響は変わってきます。

建っている地盤の条件によってもかわってきますね。
礫層だったり、
粘土層だったり、
地盤の改良をしてあるかもしれません。

建てた年によっても耐震基準が違います。
宮城県沖地震の教訓を元に
昭和56年6月に耐震基準が改正されました。

さらに平成12以降は阪神淡路大震災の教訓をもとに
さらに厳しい基準になっています。

建築基準法どおりの耐震性があった建物でも、
築年数によって耐震基準は変わってきていますし、
大きな地震を受けたことがある建物は耐震性が低下
していると考えた方がいいと思います。

国や自治体が、昭和56年6月をさかいとして耐震診断や耐震改修を補助金を出してまで奨励しているのはそういった理由もあるからなんです。

増改築をした建物や中古で購入した建物は、
耐震性を把握して住まわれることをおススメします。

住んでいる家がどれくらい地震に耐えられるのか、
知っておくだけでも役に立つかもしれません。

それらはすべて自己責任ですので、
インターネットで確認するか、
市役所や自治体へ問い合わせてみてください。

安心してください。一関市では建築士会へ業務委託されていていますので、建築士会の耐震診断士が派遣される体制があります。

結論は、何回も揺らされた建物は専門家に診てもらってから住んだ方がいいと思います。

安全住宅・安心不動産
株式会社井上建築デザイン
 
http://arigatou-inoue.com/

整理収納アドバイザーの女性スタッフと共に収納や快適な間取りを全面サポート!

「自然素材の家」を建てるためのメールセミナーhttp://arigatou-inoue.com/seminer/も受付中。

お問合せ・相談
お問い合わせはこちら

資料請求
無料の資料請求はこちら

facebook

我が社はフランチャイズでも、
ハウスメーカーでもないので、
立派なカタログや展示場はありません。

OBのお客様のご好意でご案内させていただいてます。
整理収納アドバイザーのお住まいもご案内できます。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、
整理収納に興味のある方、お問合せ・相談ください。

少人数でやっていますので、電話や訪問などの営業はしておりません。
お手数ですがお問合せください。

施工地域は、岩手県一関近郊です。
(岩手県一関市、平泉町、奥州市、宮城県栗原市、登米市、気仙沼市)

カテゴリー: 耐震 何回耐える  | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 専門家に耐震診断してもらう はコメントを受け付けていません。

経験とは、備えることを学ぶこと

投稿日:2015年07月08日 作成者:

こんにちは!
一関市で自然素材の家づくりNo.1を目指す
株式会社井上建築デザインの代表の井上和行です。

いつ起きるかわからない地震に対して、
どのような備えが必要なのでしょう。

備え1
建物の耐震性が乏しいと指摘されているのは
昭和56年以前に建てられた建物です。

旧耐震基準の建物として位置づけられ、
現在の基準と比較して、7割以下の耐震性の建物が多いのが実情です。
それでも、それらの家屋の梁などを補強することで耐震性を
かなり高めることもできます。

「地震に備える家具の配置」
過去の震災被害の90%は家の中で起きていると言われています。

寝室の地震対策に重点を置いて考えてみましょう。
家にいる時間で8時間程度は過ごしている寝室は
それだけ被災する可能性が高いといえると思います。

まず、窓ガラスや化粧台の鏡。
寝室では裸足や薄着で、過ごされていることが多いですので、
飛散防止フィルムを張っておくことが大事ですね。

家具そのものの配置をどうするかも、重要です。
寝室には大型のタンスが置いてあることが
多いのではないでしょうか?

どうしても置きたい場合は、
タンスが倒れる側にベットがないように工夫したいものです。

部屋が狭すぎてそんなことできないという人には、
突っ張り棒などで、対策を行うことが良いでしょう。

家具を倒さない工夫は当然必要ですが、万が一倒れてしまった場合、
その被害を最小限に抑える工夫をすることは重要です。

ベットから外までの避難経路の中に家具の転倒により、
その経路がふさがれてしまうことがないように、家具の配置に
気をつける事も必要です。

やりすぎる必要はありませんが、やり過ぎて損なことはないと思います。
備えをすればするだけ、大きな地震の時にメリットとして帰ってくるはずです。

家は、家族を守るため、家族が幸せになるためにつくります。

柱、土台、梁、桁にはしっかりしたものを使用します。
水廻りなどは老朽化は避けられないので、手入れがしやすいようにします。
床や壁には安全なものを使います。

株式会社井上建築デザイは、自然素材を取り入れた
気持ちイイ家づくりが大好きな地域密着の建築屋です。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方
資料ご請求ください。
無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 経験 地震 備え 家具 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 経験とは、備えることを学ぶこと はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0191-82-5410 受付時間:平日9:00~18:00(定休日:日曜・祝日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

一関市で自然素材の家 づくりNo.1を目指す。 株式会社井上建築デザ インの代表の井上和行 です。「家族が幸せに なる家」それが「本当 に価値のある家」本物 の家は木と土でつくり ます。自然素材を取り 入れた気持ちイイ家づ くりが大好きな地域密 着の建築屋です。木の 香り住まい館では、気 軽に立ち寄れるよう雑 貨の販売もしています。

投稿者別

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(井上 和行)

twitter

facebook

最近の投稿

カテゴリー

  • ニュースレター購読者募集!