» ご近所さんのブログ記事

おすすめする家を建てる時の儀式

投稿日:2017年11月19日 作成者:

 

 

 

来年の暦を購入しました。

 

工程表を作る時の目安として使っています。

 

神宮館

 

縁起はいい方がいいですが、

 

なんでも気にしすぎは

 

疲れちゃいますよね。

 

 

こだわりすぎは

 

本末転倒になりかねません。

 

 

 

こんにちは、一関で整理収納アドバイザーと使いやすい家、

自然素材を取り入れた気持ちいい家をつくっています。

株式会社井上建築デザイン 代表の井上です。

 

鍬入れ
 

 

 

欠かせないポイントは大きく3つ

 

 

1 ご近所さんへのご挨拶   着工前と住み始め

 

2 地鎮祭

 

3 神棚への魂入れ

 

 

 

工事は多かれ少なかれ、

 

ご近所さんには

 

ご協力いただきながら進みます。

 

 

住みはじめてからの

 

良好なお付き合いをする上でも

 

ご挨拶は大事なことですね。

 

 

気持ちよく住むために

 

欠かせないポイントではないでしょうか。

 

 

 

「上棟式に餅は蒔いた方がいいですか?」

 

お餅を撒くのも広義上ではご近所さんへの配慮です。

 

家督が角餅をキャッチして、

本番の餅まきがスタートします。

 

 

最近の上棟式は

 

お施主さんがお供え物を用意し、

 

現場関係者へ感謝の意を込めて

 

お膳やお酒をふるまう略式が多く、

 

餅まきは割愛されることが多いようですね。

 

 

やろうか、やるまいか迷ったら、

親兄弟、ご親戚の方に

相談してみましょう。

 

 

家を建てるとたくさんの人たちに支えられ、

見守られながら生活していることに気づきます。

 

 

30年、40年と住まう家

一生、住む家を選ぶ基準はなんですか?

 

家は「家族が幸せになるために建てます。」

当たり前の生活を満たしてくれる家「いい家」の基本だと思います。

それが、わが社が自然素材で建てる理由です。

家族

 

『家族が幸せになる家』それが『本当に価値のある家』 

我が社では、無垢材で家を建てています。
さあ、満足のいく家を建てましょう。

お問合せ・相談先 http://arigatou-inoue.com/inquiry/

・電話の方 0191-48-5118

人に優しい、「自然素材の家」は「理想の家」
安全住宅・安心不動産
株式会社井上建築デザイン

耐震設計


・公式HP http://arigatou-inoue.com/

「自然素材の家」を建てるための
メールセミナーhttp://arigatou-inoue.com/seminer/も受付中。

お問合せ・相談

・公式 facebook

「住まいるハート」
岩手県一関市 お片づけのプロ整理収納アドバイザー姉妹のブログ☆

岩手県一関市在住の整理収納アドバイザー、
ルームスタイリストの姉妹のブログです。
☆整理収納でキラキラ輝く心地よく快適な暮らしをしましょう\(^o^)/

我が社はフランチャイズでも、
ハウスメーカーでもないので、
カタログや展示場にお金を掛けていません。

立派な展示場はありませんが、「築15年の自然素材の家」を展示場としてお見せしています。

15年経過すると無垢材の風合いはどうなるのか?
15年経つと住設はどうなるのか?
メンテナンスが必要になってくるはどこ?

OBのお客さんも喜んでみせてくれますが、
「築15年経過した自然素材の家ってなかなか見れない!」
と好評いただいています。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、間取り
整理収納に興味のある方、お問合せ・相談ください。

少人数でやっていますので、
電話や訪問などの営業はしておりません。

お手数ですがお問合せください。
http://arigatou-inoue.com/inquiry/

・電話の方 0191-48-5118

施工地域は、岩手県一関近郊です。
(岩手県一関市、平泉町、奥州市、宮城県栗原市、登米市、気仙沼市

カテゴリー: 縁起 地鎮祭 神棚  | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | おすすめする家を建てる時の儀式 はコメントを受け付けていません。

一関市にもあります準防火地域

投稿日:2015年08月02日 作成者:

こんにちは!
一関市で自然素材の家づくりNo.1を目指す。
株式会社井上建築デザインの代表の井上和行です。

法律や規制は自分を守るためにあると考えるといいですね。

備え1
一関市には準防火地域があります。
「建物がたくさん建っているので、万が一、火災が起きた場合には気をつけたほうがよい地域ですよ。」
という解釈です。

なので、準防火地域に一般的な住宅・木造建築物を計画する際は、
延焼の恐れのある外壁、軒裏部分を防火構造としなければなりません。
また、増築のときは10㎡以下でも建築確認申請が必要となります。

「外壁には窓がありますが、ガラスはいいんですか?」
ガラスは網入りのガラスを使用するか、シャッターを付けることになります。

メーカーで認定を取得しているものを採用するのが一般的ですが、
どうしても木製の窓枠を使いたいとお考えのときは、
延焼のラインの外側に計画することです。

住宅が多いってことは、
便利な地域ですよって裏づけでもあると思います。

駅には近いし、
バス停が目の前なんてことも。
一関市のローカルな話だと
自宅から花火が見える地域ってことですもんね。

歩いてお祭りに行ける地域ってことですね。
つまり羨ましい地域です。

「でもシャッターとか付けたりするんでしょ?」
「なんか面倒だな~。」
「そんなの知らないし。」
なんて聞こえてきそうです。

火事は一瞬で財産を失い、
最悪の場合は命まで落とすこともあるほど怖いんですよ。


「お互いに火事の延焼には気をつけましょうね。」 「火の取り扱いは我が家も気をつけていますよ。」 ってご近所さんに伝えていると考えてみてはいかがでしょう?

火災が起きたらまずは命が優先なので、逃げることです。
ということは逃げれる家にしておくということですね。

2階からの避難はバルコニーや1階部分の屋根が、
有効な避難経路になることもあります。

有毒ガスが発生しない内装材で仕上げることも必要ですね。

当社では、階段室などの避難経路上に消火器を設置していますが、
万が一のときの避難経路確保のためのものです。

安全第一、命が第一です。

平和な生活に慣れると
つい忘れてしまいがちになるんですが、
消防団に入っていると
団長さんからいろんな話を聞けて初心にかえれます。

土地の広さによって、建てられる面積も決められています。
一関市の住宅の専用地域だと、
土地の広さの40%又は50%の建築面積以内で
建ててくださいねと決められています。

「土地いっぱいに建てると、
住宅地としての景観を保てなくなるので
ゆとりを持って建ててくださいね。」って解釈になります。

比較的、地価が高めの地域なので、
有効に使うためにウッドデッキでBBQや
ガーデニングで楽しんでいる方が多いようです。

立派なカーポートも見られますが、
カーポートも建築面積に入りますので、気をつけてくださいね。

「住み続ける家」 株式会社井上建築デザインは、自然素材を取り入れた
気持ちイイ家づくりが、大好きな地域密着の建築屋です。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、
資料ご請求ください。
無料の資料請求はこちら

無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 住まい 準防火地域 防火構造 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 一関市にもあります準防火地域 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0191-82-5410 受付時間:平日9:00~18:00(定休日:日曜・祝日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

一関市で自然素材の家 づくりNo.1を目指す。 株式会社井上建築デザ インの代表の井上和行 です。「家族が幸せに なる家」それが「本当 に価値のある家」本物 の家は木と土でつくり ます。自然素材を取り 入れた気持ちイイ家づ くりが大好きな地域密 着の建築屋です。木の 香り住まい館では、気 軽に立ち寄れるよう雑 貨の販売もしています。

投稿者別

Calendar

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Facebook(井上 和行)

twitter

facebook

最近の投稿

カテゴリー

  • ニュースレター購読者募集!