住まい 木材利用

日本の優秀な木材と森林資源

投稿日:2015年08月25日 作成者:


こんにちは!
一関市で自然素材の家づくりNo.1を目指す。
株式会社井上建築デザインの代表の井上和行です。

木材自給率3割弱

木材
木材利用ポイントを活用して県産材を使用した優良な住宅を消費者向けにPRするために、
『岩手県産材使用住宅の優良事例集』へ応募します。

なぜ、地元の木材を、使用するのか?
なぜ、税金を投入してまで
木材で住宅を建てることを推奨するのか?

日本の国の約2/3は森林なんですね。
「森は海の恋人」のような水源のかん養、
土砂災害の防止、野生動物の保全といった
多面的な機能を持っています。

その森林を守るためには
間伐などの手入れをして、
木材を利用してバランスを取りながら
循環させることが必要なようなんです。

「みんなで日本の山の木を使いましょう!」
「木の家を建てましょう!」
「木は人にやさしい自然素材だから安全ですよ!」
って話なんです。

が、

「日本の木材自給率は約3割弱で需要と供給のバランスが悪くなって、
手入れができませんので、日本の山は荒廃に向かっています。
なので、みんなで国産の木を、地元の木をたくさん使いましょう!」ってことなんです。

「え? 住宅に使う木って
みんな日本の山で育った木じゃないの?」

そうなんです。
日本には優秀な木がたくさんあるのに、
輸入しているんですね。

美味いお米があるのに、
旨い牛肉、
安全な野菜があるのに
輸入しているのと同じ状況です。

今、話題のTPPの項目にも入っています。

日本の雪深い地域の家は、
屋根に雪が積もっている状態の時には
木材がたわんで家を守ります。

雪の重さは1cmで2kg/㎡で計算してみると、
50cm屋根に積もると、
おおよそ10,000~15,000kg/軒の重さが
屋根に乗っている状態になります。

かなりの重さだと思いませんか?

もちろん雪が無い時にはちゃんと元に戻るんですよ。
木材を大きく使うために、
丸太を太鼓に製材して、
天然乾燥材で構造材に使用すると木に粘りが出ます。

たやすくポキリとはいかないんです。
昔から、
何のデータも無い頃から、
たくさんの知恵によって、
地域の住まいが守られてきたんですね。

山から木を出して、
製材して、
1~3年自然に
乾燥させてから使います。

雑木なら、一寸一年。

人口乾燥はありませんでした。
人口乾燥は早く乾かすことができるので、
効率がよさそうなのですが
急激に乾燥させられた木材は繊維が傷んだり、
熱によって貴重な樹脂まで無くなってしまうそうです。

東面で育った木は家の東側へ、
南面で育った木は家の南側へ
使用するなんてこともあったようです。

時代と共に進化し、
変わることはやぶさかでない
との思いもありますが、
育った山や川が無くなるのは寂しい気がしますね。

「住み続ける家」 株式会社井上建築デザインは、自然素材を取り入れた
気持ちイイ家づくりが、大好きな地域密着の建築屋です。

自然素材が好きな方、塗り壁に興味のある方、
資料ご請求ください。
無料の資料請求はこちら

無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 住まい 木材利用 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 日本の優秀な木材と森林資源 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0191-82-5410 受付時間:平日9:00~18:00(定休日:日曜・祝日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

一関市で自然素材の家 づくりNo.1を目指す。 株式会社井上建築デザ インの代表の井上和行 です。「家族が幸せに なる家」それが「本当 に価値のある家」本物 の家は木と土でつくり ます。自然素材を取り 入れた気持ちイイ家づ くりが大好きな地域密 着の建築屋です。木の 香り住まい館では、気 軽に立ち寄れるよう雑 貨の販売もしています。

投稿者別

Calendar

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook(井上 和行)

twitter

facebook

最近の投稿

カテゴリー

  • ニュースレター購読者募集!